坊平高原の動物と足跡

森の中を歩いてみると・・・あるある、動物の足跡が・・・
私達の知らない所でどんなドラマが繰り広げられていたのでしょう、想像するだけで楽しい!
さあ~、動物の足跡探検に出かけてみませんか?

 

蔵王坊平高原 朝の園地

 

左から 鳥の餌台に来たテン ・リス ・オーイ!と言ったら振り返ったカモシカ

 


 アナグマ

 ハクビシン

 

足跡 ウサギ・リス・キツネ


 ウサギ

 ウサギのアップ
林に向かって走っています。横に並んだ足が後ろ足です。 花のような形で可愛い!

 


 リス

 リスのアップ
雪の堅さによって 足跡もちょっと変わります。 右に向かって走っています。右の大きい方が後ろ足です。

 


これはキツネでしょう

 左のアップ

 


 雪原のアート  アーティストはキツネ

 

足跡 イタチ・ハクビシン・クマ


 イタチ


イタチの足跡だと 思うのですが…オコジョだったらもっと嬉しい!


チューリップのよう な可愛い足跡

屋根に足跡をつけ たのはだ~れ!

 


イタチの子供

 ハクビシンの足跡

 


 熊の足跡
 


 人の足と比べてみた

足跡 オコジョ・テン・カモシカ・・・


オコジョ

オコジョの行ったり来たり

 


テン

テン

 


カモシカ

カモシカ

 


カモシカのアップ

何の鳥でしょう?

 


 ネズミ

 ネズミ

 


何の足跡かな?左はアップ。右側はスキーで歩いた跡。

時間が経ってレース模様に なった。
なんの足跡かな?

 

時々見上げてみよう!

左の写真は熊棚、熊のやぐらとも言います。
右の写真は、熊棚のあった幹についていた熊の爪跡。
熊棚は、熊が木に登って木の枝を手繰り寄せて実を食べた跡です。
できたら熊には会いたくない、でも見てみたい気もする・・・遠~くからネ!
(中丸山にて)
熊棚が在るところは熊の生息域です。
冬は冬眠中ですが、それ以外の季節にこういう所へ入る時は、必ず鈴などを鳴らしてこちらの存在を知らせましょう。それがテリトリーに入れてもらうマナーです。

 

足跡を追って歩き、ふと顔をあげるとカラマツ林がきれいでした。

 

また新しい足跡を見つけたらupするよ!